↓条件達成で狙え!ボーナスアップ

DQヒーローズプレイ動画 DQHは本当に面白いか

期待されてる?DQヒーローズのPS3、PS4同時発売

発売日が2月26日に決定し、待ち遠しくなったドラゴンクエストヒーローズ!

公式サイトからトレーラーも多数リリースされ、動画や画像での映像がよくわかるようになりました。システム系、キャラクター性、そして辛口評価の多いグラフィックについてじっくりと鑑賞出来るはずです。

今回はDQHジャンプフェスタ2015の時の動画映像を交えながらドラゴンクエストヒーローズを評価してみます。まずは突っ込みどころが満載した動画をどうぞ!・・・、

なんか出落ちしてる人がいるwww

発売直前!ドラゴンクエストヒーローズを動画で見た印象


まず、冒頭にあったパーティ選択、フィールド選択画面ですプレイ動画から分かることは4人パーティが必須だということ。一人プレイが前提になっているドラクエヒーローズですが、4人しか選べなくなっています。ここから分かることは、

「プレイヤーは一人だがお供となるキャラクターは必ずついてくるのでは?」ということ。

同じ「無双」のシリーズだった「ガンダム無双」もプレイヤーは一人でしたが、お供キャラクターは必ず付いてくるものでした。この友軍キャラは味方ではあるものの、自分がしたいプレイを妨害したり巻き添えを食らったりと不便な点もありました。こうした点が「基本的に一人プレイ」のドラクエシリーズでどうなるのかが注目になると思います。


画像では操作法として「かんたん操作」「ガッツリ操作」という2種類が表示されています。プレイヤーの好みで操作系が変えられることを示していますが、こうした補助的システムの完成具合はゲームの面白さを決定付ける部分だけに詳細が気になるものです。

・プレイしていてストレスを感じやすい操作系か
・カスタマイズしてプレイヤーの思うとおりに操作できるか
・初心者やアクションゲームに不慣れなプレイヤーに優しい設計か
・コンボを決めたりアクションゲームとしての面白さを引き出せるか

こうしたことが焦点になってくると思います。

アクションRPGということで育成やイベントなど他の要素とアクション性がうまくバランスされていれば良作として評価を受けられるでしょう。こうしたRPGの亜種では中途半端な育成に「なんとなく攻撃しているだけ」になってしまう危険性もあるだけに完成度が気になります。むしろボタン連打してたい人には複雑システムはジャマなだけかもしれません。

ちょうどよいバランスが作り出せていたら賞を総ナメにして今年の流行語大賞にも選ばれること間違いなし!


まだ開発中ではあるものの、「プレイヤーチェンジ」ができることが確認できます。複数のキャラクターを育成し強化→チェンジすることでまんべんなくキャラクターの個性を生かせる。こうしたシステムが上手く機能してくるならユーザーの満足度も上がり、やりこみ派にも受け入れられて酷評されることは少なくなると思います。

続いてYOUTUBE動画で、「世界樹の葉」が表示されていました。これはもちろんシリーズでもおなじみの蘇生効果です。HPが0になってしまった味方を生き返らせるスーパーアイテムが早くもゲームに登場することとなりました。これはぶっこわれアイテムオンパレード?

アクションゲームで「味方キャラクターが復活する」というケースはあまりありませんでした。今回はスクウェアエニックスのブランドということでユーザーを補助するアイテムが期待できます。「お助けアイテム」がたくさん出てきて収集しながらバトルでも役に立つ。こんないつものスクエニゲーム展開が予想されます。この辺で毎回のことながら「超強力アイテム多すぎ」になったりするか「適度に緊張感あるバランス」になるのかもチェックポイントになりそうです。


上の画像ではバトル画面でのカメラワークについての設定画面が表示されています。アクションゲームとして、カメラワークがつたないとフィールド全体が見渡しづらく、バトルに集中できずに敵に囲まれジ・エンド!となる場合も考えられます。広大なフィールド上で敵味方が入り乱れる「無双」システムなので、この部分もゲームの評価を分ける点になりそうです。

◆縦(上下)
動画の中では空中コンボや建物の上に上ってのプレイもありました。つまり上下方向のカメラワークも快適性やプレイ環境に大きく影響するということです。

◆横(左右)
無双シリーズと同じで、フィールドは限定されているものの動き回ってアクションプレイが出来ます。プレイヤーはキャラクターを後ろから見つめている形なので視点変更も重要になるでしょう。

◆照準・オートロック
集団でのプレイが前提のドラゴンクエストヒーローズ。動画のようにギガンテスとのボスバトルも考えられるでしょう。「照準・オートロック」の詳細は不明ですが、ボスキャラに的をしぼってカメラを固定したい場合などに設定されると思われます。これが集団でのバトルをプレーしやすくする機能になっているはずです。

ドラクエ8から続いている「テンション」システムです。アクションゲームでフィールド上を自由に移動できるため活用度が広がる期待があります。仲間キャラクターがバトルをしている間に「テンションアップ」を図ったり、敵が近づいてくる前に溜めておくなどのプレイができれば高評価につながるでしょう。あんまり強すぎてプレイヤーの脱力を誘うのがテンションシステムだったりしますね。

まだまだシステムは不明ながらも、ユーザーに期待感を持たせてくれる内容だったと思います。ただ、「スキルや呪文を連打して勝つ」タイプになってしまう可能性もまだまだある点には注意したいものです。

やっぱりぶっぱ系なんでしょ

スクエニゲームでの「縛りプレイ」が必要になってくるゲームバランスなのか、難易度調整が付いているのか。発売日が近づいているものの、ゲーム情報を確認してから購入しても問題はないかもしれません。

以上、ガチコンボが得意なろむらーwでした。無限コンボしてやる・・・。

来店不要で業界最速クラス