↓条件達成で狙え!ボーナスアップ

安彦ガンダム機動♪ジオリジン映画版でファン納得のネタに期待

宇宙世紀ガンダムが映画館に再登場!

画像提供 アニメ!アニメ!

シャアが来る!
なんか使い古されてるネタかもしれませんが、機動戦士ガンダム THE ORIGINがまたまた放映のようですね~
懐かしさもあり、そしてでも、

なんかこういうリメイクネタって飽きがきてますね(´・ω・`)

ガンダムシリーズはもちろんアニメ業界での金字塔
とにかく儲かっているところですが、最近の人気具合はちょっと分からなかったりします。

経営が危なくなってたらBANDAIもどうなるんだろ。

でも、実際人気シリーズだから続くに決まってますよね。

経営者とか変わってもっと女性ウケするカワイイ路線に変更されたら、
キラ、アスランみたいにカップリングがすっごい(  ̄▽ ̄)ノ

以下、説明文(自前ですコピペじゃないです)

2015年2月28日上映される機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル
劇場版での放映ということで3月13日までの2週間限定となっています。全国各地の映画館
視聴できる特別イベント
1979年にテレビ放映された第一作目のガンダムのマンガ版がTHE ORIGIN
このTHE ORIGINの原作者安彦良和が総監督を務めたのが今回の青い瞳のキャスバルなんですね。

漫画版のガンダムはもちろんSEEDダブルオーなどとは別物。21世紀シリーズになじめなかった
シニア世代の人たちから賞賛のあめあられだったことは間違いないんです。
ガンダムUCシリーズもファーストガンダム世代からすれば
懐かしさと新鮮さが入り混じった作品になっていると思えます。

そして、
おっさんホイホイとも・・・

本放送から数十年 当時のスタッフが関わったジ・オリジン劇場版

とにかくガンダムシリーズがこういった形で生まれ変わるのは昭和世代からするとうれしい所です。ホントに。


再放送
でもテレビゲームでも何度も見た存在。
アムロシャアの不思議な関係は今見ても深さを感じさせてくれるものです。
ノベルズ版を見た方なら分かると思いますが、結構生々しい「生きた人間」としてのキャラクターがいましたね。


アニメ作品
の登場人物というのもどこか非現実的だったりぶっとんだキャラがあったりします。
そこが人気の部分でもありますが、でもあんまりにも人間らしさとか人間臭さってなかったりしますね。

そこへいくとライトノベル版、われらが富野監督のストーリーは違います。


アムロ
クスコ・アルと微妙な関係だったとか、

そしてセイラさんと・・・(ネタバレなのでふせときます)

今回の劇場版THE ORIGINはキャスバル役に田中真弓さん、アルテイシア役に潘めぐみさん、
成人後のシャアは池田秀一という配役で、やはり20世紀のアニメ世代が泣いて喜ぶキャスティング。

よかった。生きてて・・・

世の中って冗談にもならないことが多すぎますね。
ガンダムシリーズであまり触れてはならないデリケートな部分があることは重々承知です。
何のことか、そもそもこのネタ自体が意味不明な人はWikipediaあたりで調べてみましょう。


ブライト
さん、安らかに・・・。

来店不要で業界最速クラス