↓条件達成で狙え!ボーナスアップ

こんなPLAYSTATION5だったらイヤだ!値段や発売日を予想

ソニーの新作ゲームハード発売前のPLAYSTATION5

 発売日がまだまだ未定のプレステ5。そもそも名前が「PLAYSTATION5」になるのかも決まってないし、一部が騒いでるだけだし(´・ω・`)

 SONYファンとしては期待の新型ハードになりそうな予感があるものの、今後の方向性の見えない現在では新型が出るのかもわかりませんね。今までとまったく違ったゲーム機が出てくればいいですね(^^)

 ただ、こんな可能性もあるPS5を考えてみました(  ̄▽ ̄)ノ

プレステ5発売日予定

ハードの値段が超ド級

 価格が性能向上し続けてついにパソコンを上回る値段になってしまった。グラフィック処理やCPU演算能力は据え置きで、インターネットやネットワーク機能も必要以上に強化。

 家庭用ゲーム機としては今までになかった新しい値段設定で、マスコミからゲームを知らない一般人まで驚く価格に。性能を上げようと思ったら希望小売価格もつりあがってしまった典型。

値下げも中古もいっさい認めない

 過去に中古販売騒動がありました。結局は中古は認められることになったものの、これから先にハードとソフトの両方で出来なくなる可能性もあったり。ソフト販売が不振になったら困るので中古販売業者一層に乗り出すことに。。。

 大企業ソニーが個人から小売店まで相手に大訴訟を起こし、血みどろの抗争に発展。両者とも痛手を受けて誰も得をしないルーズルーズ(ウィンウィンの逆)な関係になってしまう。

過去のモデルと比較しても何も変わってない

 歴代のプレステは劇的に進化しました。次世代機として3D性能が格段に進歩して初期の頃とは桁違いのグラフィックです。性能競争に限りはあるもので、頭打ちしだしたスペックが見えはじめてハードウェア開発は難航。

 いつかいつかと待たされる状況に痺れを切らして発売決定するものの、初期不良やトラブルが多くなり批判されることに。xboxとの開発競争でも企業戦略に問題が生じ始めソニー技術陣に不信の眼差しが向けられることに。

いつまでたっても発売日が決まらない

 マイクロソフトや任天堂の動向が気になり、発売日延期が続く可能性もあります。価格設定スペック未定のまま時間が流れていくことに。

 ゲームソフトメーカーもハードへの対応などで苦情が出て対立関係が生まれてしまう。「ソフトのタイトル数が豊富」というソニーゲームの特徴も薄れ始めて人気にも陰りが出始めてしまう・・・

性能やスペックに変化がない

 ゲーム機としてスペック競争を続けていても同時に価格競争でもあったりする。シェア争いを続けていくことに疲れ始めた技術陣がなんとなくそれなりのゲーム機を開発してしまう。高性能化するパソコンと比べてしまうと見劣りしていく状況に業を煮やした経営者が徹底的な低コストゲーム機開発を決定。そしてなしくずしにゲームが発売されてしまうことに・・・

気になるPS4の値段は値下がるのか

PS5ろむらーwの予想と感想など

 勝手に想像してみましたが、もちろんフィクションですよ(^^)

 プレステ5というネーミングも斬新に変わって「SONYウルトラ」とか別物になってる可能性もあります。技術的に革新があるなら
Playstation5ではなくて違った名前になるかもしれません。あんまり変わってなくて安直に後継機というのもがっかりですね。

 ソニーさんのハードですからバーチャルリアリティへ対応して今までに見た事のなかった画期的なハードが出てくる!とかそんな期待を持ちながら待ちましょう!

来店不要で業界最速クラス