↓条件達成で狙え!ボーナスアップ

PS4と他ハード ハードウェア競争の中で

次世代ゲーム機競争

ゲームのハードウェアも開発競争が熾烈です。モバイルの高性能化で、家庭用ゲーム機のシェア争いも不透明になってきました。そもそも「次世代機」という名称が使われなくなり、単に「プレステ4」「WIIU」とだけ言われるようになりました。

PS4ももはやゲーム機でなくなっています。PS4についてのメリットとデメリットをまとめました。

デメリットと注意点PS4

プレイステーションとソニーの独り勝ち状態は今後も続くのか疑問視されますが、iphoneやipadなどのアップル製品に注目が集まるのは確かな状況です。つい先日もアップルウォッチの話題でもちきりになりました。

PS4の今後の価格は

PS3の時でも同じ様に、実質的な廉価版となるモデルの発売が期待されます。まだ公式に発表されていませんし、今後もリリースされない可能性もあります。そんな状態ではPS4の値段は下がるのか疑問視されます。

PS4を中古で最安値で買う

PS3の値段は安くなるのか

まだ購入できていないユーザーには関心の大きい情報でしょう。4万円を超える価格と、ネットワーク機能を強化したスペック。ゲーム機としては高性能ではあるものの、パソコンや他の製品と比べて勝る部分があるのか懐疑的意見もあります。

プレイステーションの今後

モバイル製品の性能向上は著しいものがあります。記録メディアの容量も増え、ノートパソコンやデスクトップパソコンの存在価値も問われているようです。そうした状況下で「器用貧乏」になりかねないハードウェアの開発が正しいのか、某掲示板で話題になっているでしょう。

販売数ではPS4も売り上げ好調の様子。北米や日本でもハードの出荷台数は過去のPSシリーズと比べて上回ります。人気タイトルの発売が増えれば、今後もプレイステーションのシリーズは安泰と考えられます。先行きに対して疑問視するのは懐疑論者たちの意見でしょう。

ソニー製品のブランド力は確かなものがあるはずです。それを今後他のメーカーが抜き出していくのは至難の業でしょう。実際のプレイステーションの機能に不満を持つユーザーも少ない印象があります。

ネットでブラウンジングもして、スクリーンキャプチャーもする。チャットで会話して、プレイ動画をアップロードする。こうした機能を手軽にユーザーに提供しているゲーム機は少ないものです。家庭用ゲーム機の存在があ今後不透明になっても、「ユーザーに扱いやすいゲーム機」は生き残ると考えています。

来店不要で業界最速クラス