↓条件達成で狙え!ボーナスアップ

nasne(ナスネ)本体の最安値の価格が安い!

SCEソニーファンなら買い!

nasne(ナスネ)本体の最安値の価格が安い!

中古なら18,500円。新品なら20,000円。

今、楽天でも入手できない状況になっています。

買うなら今?
もっと値下がりを待つ?

今でしょ!

nasnue(ナスネ)で出来ること

ハードディスク・レコーダー機能搭載ネットワークストレージ(NAS)。

なんのことか分からない人でも「色々出来て便利」と覚えておいてください。

画像や音楽動画などを保存できる機能。
ネットワークでテレビやインターネット接続できる機能。

これがPS3やPS4と連携できます。
PSVITAやソニー製品と組み合わせても視聴が可能です。

地上波、BS、CSにも対応していてデジタルチューナーも見られる。

もはや何がなんだか分からなくても問題ありません。

恐ろしく高機能で、色々なソニー製品とコラボレーションが実現します。

もちろんPS3と接続しなくても利用できます。

nasneテレビ機能のついてないモニターでも視聴可能です。

PCモニターなどでプレステ3を見ている場合でも正常に見られます。

CATVでも見られるのが利点。ナスネの場合は、最安値で買ってもアンテナを買うよりは安くなります。

設定が難しいと感じたら、ソニーストアで通販して「ナスネおまかせ設定パック」でセットアップしてもらいましょう。

nasne (ナスネ)の型番と価格

◆CECH-ZNR1J
500GBモデル 20,000円前後
1TBモデル 23,000円前後

◆CECH-ZNR2J
500GBモデル 20,000円前後
1TBモデル 23,000円前後

◆CECH-ZNR2J01
1TBモデル 20,371円

nasne(ナスネ)中古最安値

メーカー希望小売価格が下がり、CECH-ANR2J01は値下げが起きました。

税込み価格で16,800円のショップを見つけました!

中古屋「駿河屋」で特価品を見てみたいなら。
↓↓↓↓


通販ショップの駿河屋

「駿河屋」はゲーム機の激安販売店です。中古でジャンク品や新品などを通販しているショップになります。

消費税が8%になって、消費税の金額は大きく響いてきます。

nasneは2万円前後の値段になっていますから、約2,000円前後の消費税がかかることになるでしょう。この駿河屋は税込み価格で1万5千円から2万円の価格設定になっています。

新品は2万円以上の価格帯になっています。定価が1万5千円でも税込み価格で定価と同じのところがポイントですね。

PS4でもナスネは使えるから問題なし!

つまり、PS3しか持ってなくても無駄にはならない。ナスネのみでもテレビはコントロールできます。

安く買うためのほかの方法

モッピー!お金がたまるポイントサイト

物を安く買いたいと思っていても、そうかんたんに値下げはしてくれません。ソニーもネットショップでも赤字を出し続けて販売することはできないのです!

どこかで激安最安値のナスネがあると思って探し回っても見つからないでしょう。それなら、お金を増やしましょう!

アルバイトや副業したくても良い仕事は見つかりにくいものです。今の給料やお小遣いを増やしたいと考えていても収入は上げてくれるスポンサーの機嫌次第ですよ。

NASNEを通販してきても、ネット代が払えないなんてこともありえます。月額利用料金を支払うためには、Nasne本体(約2万円)以上のお金が必要なのです。そのお金を作るのに最適な方法を解説しましょう。

空き時間にお金を稼ぐ裏技

最安値でも買えないなら

ゲームの値段を安く買うなら中古。それでも資金がたりないならクレジットカードを利用しましょう。後払いにもできて分割でリボ払いもできる。「でも審査に落ちてしまう」という若い人やクレヒスの悪い人なら楽天カードを利用しましょう。

これで楽天市場でのポイントのたまり具合も激増します。ガソリン代や公共料金の支払いのときにも利用するともっとたまっていくのでおすすめです。ゲームを値引きするなら絶対に知っておくべき一枚です。年会費も無料なので作っておいても損するようなことはありません。

まとめ

nasneはデジタル三波の全てに対応しています。その点でPS4などと連携機能を使っていくには向いている機械なのです。元々マルチメディア対応としてトルネと同じでBS・CSになりました。ケーブルテレビ代わりとして使用したりゲームもプレイできる所がソニー製プレイステーションの利点でしょうか。

パソコンにテレビチューナーを付けて使用するよりは安い値段で済みます。激安PCでも7万円から10万円ほどの値段になるからです。中古パソコンを通販購入するならその限りではありませんが、プレイステーションとNASUNEでできることは多くなっています。

ただ、ナスネとアンテナは配線ができません。パススルー方式のため、nasneでできないこともあるのです。マルチメディア機器としてPS連携以外の機能もありますが、他のレコーダーや同様の家電製品と比べれば低価格になっています。ただ、全ての機能が実装されていませんし、できないこともあることに注意したいものです。

来店不要で業界最速クラス