↓条件達成で狙え!ボーナスアップ

Amazonギフト券を高い価格で売却できるショップ

売りたい人に高価買取の買取業者教えます。



間違って購入してしまったアマゾン券ありますよね?

Eメールタイプなどでだれかからもらって使っていないものもあるでしょう。これ、いくらぐらいになると思いますか?

買取店に持ち込むとたいていは定価よりも安い金額になりますね。自動車でも本やゲームでも50%以下になることも珍しくありません。

ただ、このアマゾンギフト券90%以上の価格で売れます

5,000円のギフト券なら4,500円。10,000円なら9,000円ですよ。

中古販売なんだからそんなに高い金額にならないだろう」「詐欺なんじゃないか」「オークションで売るんだろう」私もこんな風に考えていましたが、違います

答えはネットの買取です。オークション形式に近いものですが、ちょっとシステムが違います。

Amazonギフト券を売却してお金に変えられるネットショップを解説しましょう!

電子ギフト券のオークションサイト

gifteahtop

このサイト、Giftissue(ギフティッシュ)といいます。

普通は受け取ったプリペイドカードギフト券はそのまま使うか、いらなくなったなら捨てるなどしますよね?

アマゾンギフト券はAmazonでしか使えません。これ、結構不便なこともありますね。

楽天でしか使えない楽天ポイントもたまに困ることがあります。普段使うものでも楽天やアマゾンで売ってないものもありますから。

ギフティッシュで売却できるものにはこのよう電子マネー電子ギフト券などがあります。

ギフティッシュ買取対応プリペイド

Amazonギフト券以外でもモバコインなどのプリペイドカードも売却できますね。

このサイトはオークションと似ている形式を取っています。

◆Amazon券売却の流れ

  • まず会員登録する
  • 換金率を指定する
  • ギフト券を出品する
  • しばらく待つと落札される
  • 代金を銀行振り込みで受け取る

自分が持っているアマゾン券を出品するとこのようにギフティッシュのサイト上で売りに出されます。

amazonkaitori

特徴的なのが、自分で希望金額を決められるということ。

ここはヤフオクなどと似た形式ですね。
希望額で売却できるとは限りませんが、しばらく待っていれば誰かが購入していきます。

換金率が高いと自分のもらえるお金が大きくなるということ。ただ、高くしすぎれば売れ残りやすくなるでしょう。このノウハウはオークションと同様ですね。

「本当に売れるのか心配」
「代金が支払われないんじゃないか」

私も心配になって調べてみました。

運営会社は株式会社DAYNEEDS。国に古物商の許可を取っています。少なくとも違法で訴えられたり逮捕されることはないでしょう。代金も指定の銀行口座に振り込まれます。

手数料がかかるのが少し残念でしたね。ただ、大量の電子マネーの処分に困っているならおすすめです。Amazonギフト券は期限切れもあり、廃棄処分になってしまいますから。

Amazonギフト券の他の売却方法を考えるよりもこちらがおすすめです。理由はもちろん簡単だから。

換金率が自分で自由に設定できます。それだけ高価買取も期待できるということですね。

90%以上ならほとんど売れるでしょう。95%以上は分かりません。10,000円のAmazonギフト券なら9000円以上になるということですね。現金に換えられる手段は少ないので重宝しそうです。

詳細が知りたい人は公式サイトで確認してみてください。
↓↓公式サイトへ↓↓


電子ギフト券の売買ならGiftissue


komonosatu

アマゾンギフト券の有効期限

知られていないでしょうが、アマゾンギフト券には有効期限があります。

普通の紙の券なら3年ほど。Eメールタイプなら1年まで有効になります。使っていない電子ギフト券をそのままにしておくと期限切れになってしまいます。

それぞれの券ごとに有効期限が記載されているので、売却する際にも確認しないと売れないことにもなります。期限が近いものなら早めに売るなり買取りしてもらうなり処理方法が必要になりますね。

来店不要で業界最速クラス