真相わかった 猫顔ふみふみする理由解説

猫あるあるネタ

好き嫌い?実は猫があなたの顔を踏むのは、かまってほしかったり寂しいときです。

でもなぜなんでしょう?

その理由を詳しく知りたくありませんか。猫のことがもっとわかる記事を紹介します。

猫の気持ちとは


PECOチャンネルさん【癒やしのペット動画】より

獣医師によると「子猫のころにふみふみします。おっぱいを出すためにふみふみするんです」とのこと。

ではなぜ顔をふみふみするんでしょうか?

猫が1歳をすぎて、成猫になってもまだ子猫なんです。

親離れできてなくて、さみしかったりする気持ちが現れてます。

猫は顔だけでなく、体や腕や足などもふみふみすることもありますね。

これも愛情表現やかまってほしい心理状態などがあるのです。

だんだんと年をとるにつれて、このふみふみはやらなくなるものなんですね。

生後7年もすると、猫は中年期にさしかかります。

こうなると猫の気持ちも、「大人だから甘えん坊はしないよ」という考え方になってきます。

だから、猫が顔をふみふみしなくなるのですね。

猫に顔ふみふみされてどう思う?

寝ていて顔を踏まれたら?

怒る人もいましたね。

それ以上に「かわいすぎて許せる」という口コミが多かったです。

猫が顔をわざと踏むのでしょうか?

いたずら心なのか、甘えたいだけなのか・・・。

買い主の方の意見では、猫に顔をふみふみされてても悪い気持ちじゃないそうです。

マッサージしてくれてるので、「猫ありがとう」という気持ちにもなりますね。

顔以外もふみふみ

猫ちゃんが、ワンちゃんや他の動物もふみふみしますよね。

犬と猫のほほえましい動画、画像が話題になりました。

背中をマッサージしてくれてる?

猫が顔をふみふみしてきたら、「背中を押して」と姿勢を変えるとやらなくなったりしますね。

腕や足やおなか、いろいろなところをもんできます。

これはリラックスしているときだけにやることです。

緊張していたらふみふみしません。

毛布 やらかい布

猫が毛布にふみふみしているのもよく見かける光景ですね。

これもヒマなとき、リラックスるしているときにやります。

毛布は毛皮と似ている感触なので、子猫の授乳期のころを思い出すのでしょう。

毛布は生き物ではないのになぜ?

かまってくれない時、遊んでくれない不満などがあるそうです。

ちょっときつめの顔で、布をふみふみしていたら寂しいサイン。

飼い主からすると「顔をふみふみされてもいやだ」と避けたりすると、毛布にふみふみしたりします。

ボディランゲージにも意味があるので、注意深く観察してみましょうね。